point1.gif

Windows Mobile対応製品

Windows Vista編(Windows7も同様)

「このページでは、お手元に届いたPocket PC(HP iPAQ 112 Classic Handheld)の同期セットアップを行い、アプリケーション(PDA版今日の治療薬2008)をインストールするまでの手順をご説明します。
Windows XPの同期セットアップについてはこちらをご覧ください。


1. Pocket PCの同期セットアップ

figure1-1.png

1-1

箱を開封します。

figure1-2.png

1-2

iPAQ本体、バッテリー、ACアダプタ、USBケーブルを取り出します。ACアダプタのプラグ部分は外れた状態になっていますので、ACアダプタに取り付けます。

figure1-3.png

1-3

バッテリーを本体に入れて、ACアダプタを接続して充電します。充電完了まで数時間かかることがありますが、充電中でも操作は可能です。
iPAQの電源を入れるとWindows Mobileの初期設定が始まります。画面上の表示に沿って操作してください。

figure1-4.png

1-4

同梱のCD-ROMを取り出します。「Getting Started CD」と記載されたCD-ROMで、取扱説明書の裏側にあります。

figure1-5.png

1-5

CD-ROMをパソコンのCD-ROMドライブに入れてしばらく待ちます。自動的にインストールプログラムが起動します。

figure1-6.png

1-6

「日本語」を選択して「次へ」をクリックします。

figure1-7.png

1-7

「セットアップおよびインストール」をクリックします。

figure1-8.png

1-8

Windows Mobileデバイスセンターにチェックがついていることを確認し「インストール」をクリックします。

figure1-9.png

1-9

ソフトウェアのインストールが完了するまで、しばらく待ちます。インストール後は再起動が必要な場合がありますので画面の指示に従ってください。

figure1-10.png

1-10

デスクトップの「Windows Mobileデバイスセンター」のアイコンをクリックしますと使用許諾契約書が表示されます。内容をご確認の上、「同意する」をクリックします。

figure1-11.png

1-11

Pocket PCとの接続画面が表示されます。

figure1-12.png

1-12

パソコンの空いているUSBポートにUSBケーブルを接続します。

figure1-13.png

1-13

iPAQにもUSBケーブルを接続します。
そのまま待つとパソコンがiPAQを認識します。

figure1-14.png

1-14

Pocket PCとの接続を確認しますので、しばらく待ちます。パーソナルファイアウォールなどのセキュリティ対策プログラムが有効になっていると、パソコンがiPAQを認識しないことがあります。その場合は画面の指示に従って問題を解消してください。

figure1-15.png

1-15

Pocket PCとWindowsの同期について設定を行います。後ほどOffice文書を同期させる為には「ファイル」にチェックをつけます。その他の同期項目については任意でチェックをつけてください。

figure1-16.png

1-16

Pocket PCとWindowsのパートナーシップを作成します。Pocket PCに任意の名前を設定してください。

figure1-17.png

1-17

パートナーシップの設定が完了するまで、しばらく待ちます。

figure1-18.png

1-18

設定がすべて完了しますとPocket PCの内容をWindows Mobileデバイスセンターから確認することができます。


2. ソフトウェアのインストール

インストールファイルはダウンロード済みで、解凍されている状態としてご説明します。まだダウンロードしていない場合には、ご購入の際にメールでご案内したダウンロードページから圧縮ファイル(ZIP形式)をダウンロードしてください。圧縮ファイルを解凍する方法もダウンロードページでご説明しております。



figure2-1.png

2-1

Windows Mobileデバイスセンターの「ファイル管理」をクリックし、表示された「デバイスのコンテンツの参照」をクリックします。

figure2-2.png

2-2

Pocket PC内の「\」をクリックし、表示されるフォルダとファイル一覧から「My Documents」をクリックします。圧縮ファイルを解凍してできたフォルダに入っている「Drug2008_WM5.cab」ファイルを開いてある「My Documents」の中へコピーします。

figure2-3.png

2-3

Pocket PC本体にて、「スタート」メニューから「プログラム」→「ファイルエクスプローラー」をタップして、「My Documents」へ移動します。そのフォルダに、さきほどコピーした「Drug2008_WM5.cab」があります。

figure2-4.png

2-4

「Drug2008_WM5.cab」をタップしてインストーラを起動すると図の画面が出ます。インストール先を選択して「インストール」をタップします。

figure2-5.png

2-5

インストールが完了したら、「OK」をタップします。

figure2-6.png

2-6

「スタート」メニューから「プログラム」をタップすると、インストールしたアプリケーションのアイコンを確認できます。


3. Office文書の同期

figure3-1.png

3-1

パソコンのデスクトップ上にPocket PCと同期をとるためのフォルダが作成されていますのでクリックして開きます。こちらにWord文書、ExcelファイルやPowerPointプレゼンテーションをコピーしてください。

figure3-2.png

3-2

次回のPocket PC接続時にパソコンのデスクトップ上の同期フォルダへコピーしておいた内容がPocket PC側の\My Documentsに反映されます。また、Pocket PC側で新規作成したファイルはパソコン上のデスクトップの同期フォルダにも反映されますので同名ファイルの上書きにご注意下さい。

Pocket PCの基本操作についてはMicrosoftウェブサイトをご覧ください。



Windows Vista Service Pack 1適用時の注意事項

1.Windows Mobileデバイスセンターのバージョンが6.1以前でWindows VistaにService Pack 1を適用した場合に、Windows MobileデバイスセンターがPDAを認識できなくなる事があります。
該当します場合には次の手順で修復を行ってください。


2.Windows Mobileデバイスセンターを起動します。


figure4-1.png

3

Windows Mobileデバイスセンター画面の右上にある「?」アイコンをクリックして「Windows Mobile デバイスセンターのバージョン情報(A)」を開きます。

figure4-2.png

4

バージョンの数値を確認します。「6.0.xxxx」など、6.1以前のバージョンの場合には、5.以後の修復が必要です。
「6.1.xxxx」であれば、5.以後の修復手順は不用です。

figure4-3.png

5

スタートメニューから「コントロールパネル」を開きます。

figure4-4.png

6

「コントロールパネル」中の「プログラムの追加と削除」を開きます。

figure4-5.png

7

インストールされたソフトウェア一覧の中から「Windows Mobileデバイスセンター」を選択してアンインストールを行います。

Windows Mobile Device Center Driver Update等がインストールされている場合は5.から7.までを繰り返します。

「プログラムの追加と削除」を閉じます。

figure4-6.png

8

最新版のWindows MobileデバイスセンターをMicrosoftのWebサイトからダウンロードしてインストールを行ってください。

Windows Mobileデバイスセンターをダウンロード

TOPに戻る